teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 追記

 投稿者:高目  投稿日:2015年11月 8日(日)18時50分51秒
返信・引用
  > No.65[元記事へ]

合わせて返信いたします。

> ブックジョイさんというのは、漫画と文庫メインで、末期はゲーム機がおいてあったところでしょうか?
> あそこは店は大きくなかったですが、本は充実していました。
店に入ってすぐ左の壁に、COMやガロなどの雑誌があったのを今思い出しました。

> 芸備書房さんのおっしゃるとおり、快傑堂グループのお店では他店のタグのものが混在していました。
> たぶんグループ内で在庫を回したりしていたのでしょうね。
ネットの情報で快傑洞は浜田市に倉庫、店舗を持っていたともありました。ゆくゆくはここについても調べたいところです。

> 三国書店は、アカデミイの金座街の近くにあったそうです。
http://ameblo.jp/mako1110/entry-10783736969.html
こちらのブログの方が書いておられました。また、かなり昔に閉店との情報も別に発見。やはり古いお店のようですね。

> あと、前に言っていた本通りの古書店は南海堂さんでした。
現在も「南海堂ビル」が本通りにあり、なにか関係があるのかも――?

> あと、広島駅裏の通りの、二葉の里の牛田に向かう道の手前あたりに、ナゴヤ書店がありました。
> ここの店主さんは、ここを閉店してしばらくのブランクの後、ベストワンの天満町の店のあった場所でお店(店名わすれました)をやっておられましたが、現在は閉店されているようです。
「ナゴヤ書店」、そんなお店も。古本屋のあとに古本屋が入るパターンは意外とありそうですね。

> 芸備書房さんが述べられていた観音町電停の交差点のお店は、SFなどが充実した渋いタイプのお店だそうですね。
その「ブックドア」は2003年頃オープンされた模様です。コミックも多かったとか。

> 私が述べた格闘技メインのお店は、もう少し横川寄りで二階建ての小さいビルの1階にありました。
こちらはまだネットで情報を見つけられておりません。調査を継続します。

> 三人寄れば文殊の知恵ではありませんが、徐々にピースが埋まっていく感じが面白いですね。
「閉店」の記事を最初にアップしたころは「ほぼ完全版」だと思っていましたが、今では全然だったとよくわかります。また、かなり古いお店も調べていくとすると、結構な長期仕事になりそうなのですが、楽しんでやっていきたい、と考え中です。
 
 

追記

 投稿者:歌人  投稿日:2015年11月 8日(日)02時49分57秒
返信・引用
  芸備書房さんが述べられていた観音町電停の交差点のお店は、SFなどが充実した渋いタイプのお店だそうですね。
私は近くを通っただけでは行ったことはないのですが。

私が述べた格闘技メインのお店は、もう少し横川寄りで二階建ての小さいビルの1階にありました。
現在ではそのビル自体もないみたいですね。
 

(無題)

 投稿者:歌人  投稿日:2015年11月 8日(日)02時30分24秒
返信・引用
  こんばんわー。

みなさん、それぞれの好きなジャンルは違えど、やはり本と本屋を巡ることがお好きなようですね。

ブックジョイさんというのは、漫画と文庫メインで、末期はゲーム機がおいてあったところでしょうか?
あそこは店は大きくなかったですが、本は充実していました。
ニッチな名作を探すのにいいお店でした。

芸備書房さんのおっしゃるとおり、快傑堂グループのお店では他店のタグのものが混在していました。
たぶんグループ内で在庫を回したりしていたのでしょうね。

三国書店は、アカデミイの金座街の近くにあったそうです。
僕は全然記憶がなくて、その事実しか知りません。
あと、前に言っていた本通りの古書店は南海堂さんでした。

あと、広島駅裏の通りの、二葉の里の牛田に向かう道の手前あたりに、ナゴヤ書店がありました。
コミック・雑誌・AVで、末期はほとんどがビデオでした。
ここの店主さんは、ここを閉店してしばらくのブランクの後、ベストワンの天満町の店のあった場所でお店(店名わすれました)をやっておられましたが、現在は閉店されているようです。

三人寄れば文殊の知恵ではありませんが、徐々にピースが埋まっていく感じが面白いですね。
 

Re: 三ツ矢書店さんなど

 投稿者:高目  投稿日:2015年11月 7日(土)13時32分20秒
返信・引用
  > No.62[元記事へ]

> こんにちは。情報更新いつもありがとうございます。芸備書房・安芸矢口企画の事情も記載していただき感謝しております。久々に御邪魔しました。
前回の書き込みで詳細を教えていただき、記載を推敲できました。ありがとうございます。

> ・三ツ矢書店さんは、ネットや組合主催の古書市では盛業中なので、補記していただけるとありがたいです。かつては三次駅前に三次店がありました。
「閉店」のほうに追記いたしました。三次店の場所は飲食店になっている模様ですね。

> ・ブックジョイさんが廿日市市庚午となっておりますが、西区庚午ではないでしょうか。
なんてミスを……。お店のブログのURL追記と合わせ、訂正いたしました。

> 戸坂書店さんの話題、懐かしいです。自分も初めて本を買い取ってもらったのは戸坂書店でした。快傑堂・府中書店さんのグループだったというのは、おそらくそうだと思います。快傑堂で戸坂や府中の値札の本がしばしば見受けられましたので。
値札ですか。売れ行きに合わせて本の移動などが行われていたのかも……?

> 55-56の寺町のお店は、神戸堂さんの支店だったかと思います。
調べると、小さめのお店だったとのこと。支店を出していたお店も多かったのですね。

> 53の中広・天満のお店というのは、観音町電停の交差点でしょうか。ブックドアさんという個人店がありました。自分が花いちのバイトだったときに社員でおられた方が出されたお店でした。
ネットで名前を見つけ、なんとなくチェーン店かとも思っていましたが、そういった事情のある個人店だったんですね。

> 53の本通りのもう一件の古本屋さんは、古い人から「三国屋」という名前を聞いた覚えがありますが、定かでありません。申し訳ないことです。
とても参考になります。「三国屋」は初耳です。今後時間を作り、もっと古い全国古本地図や電話帳、古地図などをあたって詳細を確かめられれば、と思います。

> 古い話をどこまで出していいのか、いささか気が引けますが、個人的には広電西広島の裏にあった「豆の木古書店」が行きつけでした。平成10年代のどこかでいつの間にかなくなっていました。スタンプカードにつくハンコが豆マークでかわいかった思い出があります。
古本屋さんの情報は、古い時代のものにも興味があります。初めて知ることが多く、読んでいて面白いです。今回は間違い含め(汗)、情報ありがとうございました。ぜひまたどうぞ。
 

三ツ矢書店さんなど

 投稿者:王舞大野@安芸矢口企画  投稿日:2015年11月 6日(金)17時18分56秒
返信・引用
  こんにちは。情報更新いつもありがとうございます。芸備書房・安芸矢口企画の事情も記載していただき感謝しております。久々に御邪魔しました。

閉店リスト中、
・三ツ矢書店さんは、ネットや組合主催の古書市では盛業中なので、補記していただけるとありがたいです。かつては三次駅前に三次店がありました。
・ブックジョイさんが廿日市市庚午となっておりますが、西区庚午ではないでしょうか。

戸坂書店さんの話題、懐かしいです。自分も初めて本を買い取ってもらったのは戸坂書店でした。快傑堂・府中書店さんのグループだったというのは、おそらくそうだと思います。快傑堂で戸坂や府中の値札の本がしばしば見受けられましたので。

55-56の寺町のお店は、神戸堂さんの支店だったかと思います。自分が訪ねたのは閉店間際の頃でしたが、横川本通りのお店を奥さんが、寺町側のお店をご主人が見ておられました。

53の中広・天満のお店というのは、観音町電停の交差点でしょうか。ブックドアさんという個人店がありました。自分が花いちのバイトだったときに社員でおられた方が出されたお店でした。

53の本通りのもう一件の古本屋さんは、古い人から「三国屋」という名前を聞いた覚えがありますが、定かでありません。申し訳ないことです。

古い話をどこまで出していいのか、いささか気が引けますが、個人的には広電西広島の裏にあった「豆の木古書店」が行きつけでした。平成10年代のどこかでいつの間にかなくなっていました。スタンプカードにつくハンコが豆マークでかわいかった思い出があります。
 

Re: (無題)

 投稿者:高目  投稿日:2015年11月 4日(水)13時29分6秒
返信・引用
  > No.60[元記事へ]

> 交番がすぐ近くだったのでね(笑
交番が近い店や、商店街の中で車の入れない店などはちょっと大変ですね。

> たぶん、ここも快傑洞グループの一つだったと思います。
となると5~6店舗のグループという結構大きなものだったことに。これらのお店が
十年ほどでほとんど姿を消したというのはなんとも残念です。調べていると、
古本屋さんの歴史の不思議を感じます。
 

(無題)

 投稿者:歌人  投稿日:2015年11月 4日(水)06時48分47秒
返信・引用
  戸坂書店、ありましたね。
狭い路肩に車を停めて、時々外をうかがいながら探していましたね(笑
交番がすぐ近くだったのでね(笑
たぶん、ここも快傑洞グループの一つだったと思います。
在庫も近い感じでした。
 

全国古本屋地図

 投稿者:高目  投稿日:2015年11月 3日(火)16時07分14秒
返信・引用
  (2001)で確認した結果、いくつかわかったことがあるので追記です。

・十日市のブック・ワン(中区榎町1-10)は元の「栄光堂書店」。
・東区戸坂に「戸坂書店」という古本屋があった。
・廿日市市新宮には「文窓堂書店」があった。
・快傑洞内2階に「いみでかあ書店」があり、これは元の「紅葉通信部」。
 事務所のみの営業だったとのこと。
・↑等から考えて「快傑洞」「府中書店」「宝豊堂書店」「紅葉通信部(いみでかあ書店)」などの店がグループ(?)だったらしい。
・(2001)時点で「椿書房」(中区吉島)は閉店されている。

・三原の「駅裏本町文庫」と同じ経営だったのが「BOOKプラザ尾道」。
 名前から見て「BOOKプラザ竹原」「BOOKプラザ西条」も同系列?
・「尾道書房」は支店として「画文堂」「三原古本センター」を持っていた。
 

Re: (無題)

 投稿者:高目  投稿日:2015年11月 2日(月)08時21分40秒
返信・引用
  > No.57[元記事へ]

> アカデミイ書店紙屋町店、11/10まで50%オフセール
また行っておきたいところ。

> 駐車場がなかったのがネックだったのかも。
新古書店(ブックオフとか)の成功も駐車場がほぼある、みたいな要因が大きいかもしれません。

> 本通りのフタバ図書3F、活字の古本の場所がトレカ・ゲームコーナーになっていました。
フタバは最近新刊と古本を同じ棚に並べていますが、より減少した感じでしょうか。
トレカ・ゲームのほうが儲けは大きそうですが、寂しいですね。

> 大手町のブックオフも書籍売り場減ってましたし、市内で古本を探すのがむつかしくなってきた印象があります。
広島は「古本街」がなく、点在しているのも少し大変です。大手町のブックオフは雑誌の
棚が(並べ方とか)意外と面白いと思います。
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2015年11月 1日(日)08時52分18秒
返信・引用
  アカデミイ書店紙屋町店、11/10まで50%オフセール

懐かしい古書店の名前が見えますね~。
宇品のランクル、好きでしたがいつのまにか閉店されてて残念でした。
駐車場がなかったのがネックだったのかも。

本通りのフタバ図書3F、活字の古本の場所がトレカ・ゲームコーナーになっていました。
大手町のブックオフも書籍売り場減ってましたし、市内で古本を探すのがむつかしくなってきた印象があります。
 

レンタル掲示板
/13