teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/144 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

作谷の江戸家

 投稿者:山中鹿之助  投稿日:2013年10月13日(日)05時11分55秒
  通報
  初めて投稿します。

>江戸山城守は,「小田六騎」に数えられた武将だった。作谷の江戸家はこの地元の武士で、主家の小田氏が滅亡した事で、武士わやめて庶民となったのではないか。遠祖の治義の代に帰農したという。天正18年(1590年)江戸山城守とその子江戸茂太夫が、現在地(作谷)に土着して土豪となったようだ。

これらの傍証を得ました。

【出典】筑波町史 史料集 第十篇 筑波町史編纂委員会 昭和61年3月31日発行
P247, 249, 250
小田一族大系図(東京大学史料編纂所蔵写本)
八田知家 二男 伊志良二郎有知-(七代略)-知房 伊志良次郎四郎 号江戸刑部
母 小田家士 江戸兵部 藤原通経女
知房 父知近之蒙勘気依之 外祖父 通経之方ニ忍テ住シ仮ニ母方之江戸氏ヲ名乗,以後 父之勘気雖被免尚又為江戸氏ト也
(注:雖も…いえ‐ども(いへ‐ども),…というけれども)
-知全 江戸茂太夫 右馬介 初知義 母 小田屋形成治之家士 江戸主税通宗女
小田讃岐守治孝之御時,新治郡後ニ筑波郡之内ニ改ル造谷之地ヲ賜,作谷之館殿内ニ移リ住也
-治善 江戸新藤太 茂太夫 山城守
-治盛 江戸茂太夫

【出典】筑波町史 史料集 第十篇 筑波町史編纂委員会 昭和61年3月31日発行
P307, 308
小田家分流系図(筑波町臼井長戸泰造家蔵本)
八田知家 二男 伊志良系
有知-(十二代略)-知房
-知全 小田讃岐守治孝之御時,新治郡造谷之地ヲ賜,作谷之館殿内ニ移リ住也
後ニ筑波之郡ニ改
-治善 江戸新藤太 茂太夫 山城守 初治義

という訳で,江戸山城守治義=江戸山城守治善で,八田知家を祖とする伊志良氏の末裔であり,小田氏の遠縁と言えます。江戸山城守治善の子の治盛 江戸茂太夫という記述も上記に合致します。
上の文献には,治盛迄の記述しか無いので,以降は帰農したことになると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/144 《前のページ | 次のページ》
/144