teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


清和源氏の江幡さんへ

 投稿者:みわちゃんのおじいちゃんメール  投稿日:2007年10月27日(土)15時38分19秒
  私は前に次のような書き込みをしたことがあります。

江幡さーん  投稿者:みわちゃんのおじいちゃん  投稿日:2007年 4月15日(日)23時27分23秒

         茨城県地方には、江幡さんが多いそうです。
      もしかして、昔江戸城主だった、江戸家につながりある人いませんか?
      名乗り出てくださいよ。
      一緒に先祖の話しませんか。
      軍事評論家に江幡さんという人いますね。戦争があるとよく出てくる。
      偉い人もいるようですね。
      江幡さんを知っている人でも出てくれませんか。


清和源氏の江幡さんは、これを見て投稿されたのかと思ったのですが、そうじゃないようですね。
これを書いた頃は、茨城県の江幡さんは、常陸江戸氏が名を変えたのかと思っていたのですが、そうではないことが分りました。清和源氏だったのですか。
水戸の江戸家があった時、江幡という姓の家臣がいたようです。
私は、江戸あらため江(巾者)と書くエバタです。
 
 

ありがとうございます

 投稿者:清和源氏の江幡  投稿日:2007年10月27日(土)14時30分55秒
  どうもご返事ありがとうございます。私はパソコンは持ってなくて漫画喫茶などでやってるので返事が送れなかったりします。のでご了承下さい。
家の家紋は丸の紋じゃなくて矢の家紋です。
八つ矢車とかいう家紋です。
源義政は確かに常陸にいました。そしてその息子・義満が常陸守になっています。
 

清和源氏の江幡さんへ

 投稿者:館主  投稿日:2007年10月25日(木)21時42分33秒
編集済
  残念なお話ではないと思いますよ。ただ、ちょっと関心があるのは、藤原流江戸氏の江幡氏は、「江幡」という字ではなく、当歴史館でもそのことは紹介しております。江幡さんはいかがでしょうか。
ところで、茨城県での家紋の分布を見ますと、藤原流江幡氏は「丸に鳶」で、藤原流江戸氏と同じです。清和源氏の江幡氏は「丸に立ち沢潟」か「丸に桔梗」です。

なお、源義政は常陸に居た事は記録にあり、主に国井氏や常盤氏あるいは常葉氏の始祖となっているようです。江幡さんの先祖も、国井氏などと同じように、義政から分かれたのでそうですが、清和源氏流江幡氏があるらしいことは知っておりましたが、実際にご子孫から投稿いただいたこと、たいへんありがたく存じております。また、何か情報がありましたら、よろしくお願いします。江幡の「幡」の字がうまくパソコンでは表現できませんが、「巾」のへんで、「者」というようなじであったかも、分かりましたら教えて下さい。
 

江幡です

 投稿者:江幡です。  投稿日:2007年10月24日(水)12時35分3秒
  初めまして江幡ですけど 残念なお話をするようなんですが
私の先祖は江戸氏ではなく源氏なんですが 私も文献がまったくないのでわからないのですが 私の先祖は間違いなく源氏です。私の祖父が他界した事によってわかりました。
私の祖先は河内源氏です。
源頼信の五男・義政の息子である。
義満が源八幡太郎義家から幡の字を授かり
江幡という姓を義満が名乗り始めたと なっています。
それが江戸時代あたりから庄屋になって明治時代あたりからは普通の一般家庭です。
ちなみに後常陸佐竹氏の家臣だったかもしれません。
佐竹が徳川によって秋田に移されたさいには 茨城県那珂市那珂町にある。
なんとか とかいう村の石高を主君から授かった。
となっておりますそれが江幡尾張守だといいます。もう書けませんすいません。
 

福井の江戸さんへ

 投稿者:館主  投稿日:2007年 9月 3日(月)20時22分56秒
   投稿ありがとうございます。残念ですが、今のところ福井の江戸氏に関する資料を持ち合わせていないので、分かりません。まったく初耳でして、それだけに興味深いことだと思います。福井の江戸さんが調査を進めていく中で、家紋のこととか、苗字のいわれとか分かりましたら、私の江戸氏と無関係でも投稿等でお知らせ願えれば幸いです。
 福井の隣になりますが、昔の国名は「近江」に饗庭という苗字があり、昔饗庭村があったそうです。饗庭孝男さんが「故郷の廃家」という本を書いています。同名の題で唄がありますね。「幾年ふるさと来て見れば 咲く花鳴く鳥そよぐ風・・・・」。饗庭さんも亡き祖父の言葉を思い出しながら書いたそうです。私も亡き父、亡き祖父、先祖のことを思いながら、このホームページを運営しております。アイデンティティーを知ることは、それなりに大切なことだと思います。これから、お役に立てるかどうか分かりませんが、困難なことがあるかもしれませんが、福井の江戸氏のこと、追求していくこと、そのことにエールを送ります。私のほうでも何か分かりましたら、当歴史館でも応援させていただきます。

 私の常陸江戸氏と関係があるのか、武蔵平氏の江戸氏と関係あるのか、それともまた違う江戸氏なのか、興味ありますね。今後もよろしくお願いします。いずれにしても、同じ日本、どこかで繫がっているのかも知れませんね。
 

福井の江戸

 投稿者:福井の江戸  投稿日:2007年 8月30日(木)12時20分46秒
  初めて投稿します。祖父のこと、我が家のことを現在調べていく中で、この掲示板に出会いました。
私の祖父は福井県三方上中郡(昭和29年までは十村という地名でした。福井県の南の端で滋賀県との県境です)の出身で、その村には江戸という名字の家が多数存在します。
寺の過去帳を辿ると天保の時代に亡くなった人物まで溯ることができますが、それ以前のことは系図がないのでわかりません。
ただし祖父の祖父にあたる人物が明治の中頃に亡くなっているのですが、地主で旅籠を営んだりしており、かなり羽振りのいい生活をしていたように聞いています。

このHPを拝見して、江戸重通が結城晴朝の元へ身を寄せ、結城秀康の移封にともない宣通も越前行き、水戸へ名前を変えたということを知りました。

私の名字は現在も江戸ですので、常陸江戸氏と直接のかかわりがない家系とは思いますが、何かの縁と思い書き込みさせていただきました。

皆さまが越前へ行った江戸家についてご存知のことがあれば教えてください。

よろしくお願いします。
 

先祖の名前

 投稿者:みわちゃんのおじいちゃんメール  投稿日:2007年 8月 4日(土)16時11分19秒
  >また、私の家の先祖の名前は残念ながら分かりません。時間があったらしっかり調べてみたいと考えています。

名前を変えてしまったのでしょうか?
新編常陸国史に、佐竹氏の水戸城攻略の際に討ち死にした江戸氏の家臣名がある。

谷田部通直、通明、重元、弘胤、春秋上野八郎、打越左京亮、出沢大隈守、小田部式部、大高山城守、四郎左衛門、舘民部少輔、舘主殿助、広沢大学助,樹村孫左衛門、山本帯刀、飯島縫殿、小島勘解由左衛門、和田三郎四郎、玉内宮内少輔、海老沢四郎右衛門、平戸五郎右衛門、小沢平右衛門、塙介左衛門、塙甚五郎、平戸左馬、笹島小四郎、枝川弥五郎、猿田新四郎、益田四郎左衛門、篠原蔵人

こういう名前にヒントがありましょうか。
 

場所は

 投稿者:伊勢冶  投稿日:2007年 7月31日(火)23時15分14秒
  場所は下記リンクを参照ください。
館主様の仰るとおり場所は古新田のあたりです。この近所に代々住んでいる家々の墓地内にあります。おそらく仕えていたお殿様がまつられた後に家臣達も同じ地に埋葬されるようになったのではないでしょうか。
この塚の横に碑が立っており、その碑(三国三侯碑)に(漢文?)で塚が重通の墓所であると書かれているとのことです。
この塚には一本の桜(梅?)の大きな老木がありました。現在は老齢で痛みが酷かった為か切倒され、切り株が残るのみとなっています。
このことを早くに知っていれば、切倒すのではなくなんとか手当をし守っていくよう働きかけたのですが。この1点が悔やまれます。

私は父からこの話を聞きました。が、今となっては地元の人達の記憶からも失われつつあるようです。

また、私の家の先祖の名前は残念ながら分かりません。時間があったらしっかり調べてみたいと考えています。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&om=1&msa=0&msid=109972842939689771082.00000112bc62910da9e38&ll=36.29631

 

伊勢治様へ

 投稿者:館主  投稿日:2007年 7月29日(日)12時20分39秒
   はじめての投稿ありがとうございます。大歓迎、かつ感謝、感謝です。情報をいただきまして、ありがとうございました。江戸重通家臣筋の御子孫とのことですが、もしご先祖の名前が分かりましたら、教えてください。いずれにしても、江戸重通ゆかりの人々の子孫が結城に住んでいたことも、はじめて知りました。
 お墓があるとのことですが、結城市小田林古新田あたりにあるのでしょうか。詳細な情報を戴きましたら、一度訪ねてみたいと思います。
 

はじめまして

 投稿者:伊勢冶  投稿日:2007年 7月27日(金)11時54分4秒
  皆様はじめまして。江戸重通を調べていたら当HPに出会いました。
私の実家は結城市にあるのですが、先祖は元々は江戸氏が水戸から妻の生家である結城家を頼って逃れてくる際に殿様を護衛する一団の一武士として結城へ移ってきたということです。
重通は小田林に居館を構えこの地で一生を終えました。重通の最後は自刃であったと云われております。地元の人は江戸重通のことを水戸殿と尊称していたそうです。現在でも「水戸殿の塚」が恐らく家臣達であった家系の墓とともに小田林の地にあります。
 

レンタル掲示板
/15