teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


年表

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 9日(水)19時37分50秒
返信・引用
  これまでいただいた情報をもとに、年表を作ってみました。
まだ更新途上ですし、もう少し見やすくできないものか?
という気もしますが、ひとまずまとめておこう、という感じです……。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1XSRK7sS0il3eAeQz73HpxEAmtuPV6mAy42FqGhEHzTc/edit?usp=sharing

 
 

Re: 近況等

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 9日(水)16時57分4秒
返信・引用
  > No.187[元記事へ]

> 高目さん、こんにちは。
> 暫く見ないうちにログが伸びてますね。
魚手さん、こんにちは。
とてもありがたいですし、古本屋さんの歴史は面白いです。

> 山本のランクルですが、それはランクル祗園店です。
> 住所は記録等を探してみますが、マルショク山本店と山本橋東詰交差点の間にありました。
ありがとうございます! 謎が解けました。
グーグルマップでも見てみましたが、私は前を通ったことが数度あるかな?
くらいであまり土地勘のないところですね……。

> 1998年後半から1999年前半ぐらいまでは営業されており、1999年には
> 間違いなく閉店していた記憶があります。
道理でインターネットにもほとんど情報がないわけですね。HPサービスの閉鎖等も
あって、本当に古い情報はネットで見つけにくい……。

> ランクル富士見店は行ったことがないのですが、当時iタウンページでも検索
> しており、1999年~2000年くらいまでは富士見店はヒットしたと思います。
> 快傑洞や明輝堂があって事足りたため100m道路を南下する必要がなかったんですよ。
たしかに、専門色の強いその二店に行ければ、足を伸ばすのも……という感じだったの
かもしれませんね。今から考えると、羨ましい時代……!

> 私は勝手にブックオフショックと呼んでいますが、2000年5月に
> ブックオフ広島大手町店がオープンしたことが市内の書店・古本屋に
> 深刻なダメージを与えたのだと思っています。
大手町店のオープンは2000年の5月でしたか。となると来年は20周年ですね……。
他地方からも窺われますが、広島でも「ブックオフショック」があったのですね。

> 広島大学病院前店や広島大手町店が出来るまでは、県内(海田・西条・福山を除く)
> のブックオフは温品店だけでしたから、ブックオフが広島中心地に進出した
> ことがどれだけの影響ある出来事だったか。
> 心配した通り、2001年ぐらいには何店か古本屋が閉店しました。
フーム。かなりすぐ影響は現れたんですね。興味深いです。
大手チェーン、商品の並べ方(商品数、照明等)、値段、どの点でも
ブックオフの力は際立っていたのかなと感じます。そのブックオフも
最近は本より家電や玩具、服等に力を入れているようで、時代を感じますが……。
 

Re: 閉店古本屋情報

 投稿者:魚手  投稿日:2019年10月 7日(月)07時06分16秒
返信・引用
  藝南新臨江亭主人さん、はじめまして魚手と申します。


> ?広島千田町のエイス書房さんは、2005年12月31日閉店です。
> 12月28日の中国新聞の記事を見て、31日に訪ねて行きました。

閉店は残念なことですが、貴重な体験をされましたね。

私は行けなかったのですが、やはり31日閉店だったんですね。
切羽詰まった時期ではなかったはずですので、新聞他紙か
ネット記事でエイス書房さんの閉店を知ったのでしょう。
2005年12月と記録してますので、12月末日とか12月いっぱい
といった表現だったのでしょうね。

《一度閉店、不定期営業》とメモってますので、実際どうだったか
分かりませんが、何かの拍子に店を開けられることもあるような
記事の書かれ方だったのだと思います。


私の記録の最後は2010年です。

ネット記事か何かで、広島大学跡地だったか千田町界隈での
イベントがあり、エイス書房さんも店を開けられる。

詳しい内容を記録すれば良かったのですが・・・。
2005年閉店時に店主は90歳と書かれてましたので、95歳か・・・と
感銘した覚えがあります。
 

Re: 近況等

 投稿者:魚手  投稿日:2019年10月 7日(月)06時32分36秒
返信・引用
  高目さん、こんにちは。
暫く見ないうちにログが伸びてますね。

> ・安佐南区のランクルですが、ログを遡っていって分かりました。
>  歌人さんが、安佐南区山本にランクルがあった、という情報を提供して
>  くださっていました。もう少し調べてみます。

山本のランクルですが、それはランクル祗園店です。
住所は記録等を探してみますが、マルショク山本店と山本橋東詰交差点の間にありました。

1998年後半から1999年前半ぐらいまでは営業されており、1999年には
間違いなく閉店していた記憶があります。
ランクルさんの中では一番早い時期に閉店した店だと思います。

ランクル富士見店は行ったことがないのですが、当時iタウンページでも検索
しており、1999年~2000年くらいまでは富士見店はヒットしたと思います。
快傑洞や明輝堂があって事足りたため100m道路を南下する必要がなかったんですよ。

私は勝手にブックオフショックと呼んでいますが、2000年5月に
ブックオフ広島大手町店がオープンしたことが市内の書店・古本屋に
深刻なダメージを与えたのだと思っています。
(1999年に広島大学病院前店が出来たときもそれなりのダメージだった
と思いますが、若干不便な場所でしたので)

広島大学病院前店や広島大手町店が出来るまでは、県内(海田・西条・福山を除く)
のブックオフは温品店だけでしたから、ブックオフが広島中心地に進出した
ことがどれだけの影響ある出来事だったか。
心配した通り、2001年ぐらいには何店か古本屋が閉店しました。
 

近況等

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 2日(水)18時28分11秒
返信・引用
  ・安佐南区のランクルですが、ログを遡っていって分かりました。
 歌人さんが、安佐南区山本にランクルがあった、という情報を提供して
 くださっていました。もう少し調べてみます。

・第13回カジル横川古本市
 10月28日(月)~11月10日(日) 10時~20時(最終日は19時)
 JR横川駅前フレスタモール カジル横川1階通路にて

 があります。

・二週間の研修的な活動があり、それ以降も研修のレポートを作成したりで
 なかなか身動きがとれませんでした。掲示板の返信がたいへん遅くなって
 申し訳ありませんが、どうかひとつご了承ください
 

Re: (無題)

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 2日(水)18時07分2秒
返信・引用
  > No.181[元記事へ]

> 20年ぐらい前?に
> 広島市中区富士見町の駅前通りでランクルが営業していた記憶があります。

駅前通りというと、フジグランとかのあたりですね。たしかに言われてみれば
古本屋さんとかが(昔なら)あってもおかしくない雰囲気のところ……

と、勇んで検索してみると、この掲示板のログが出てきました……。
TKサウンドのこともそうですが、せっかく貴重なご意見を多々いただいているのに、
私の不備で生かしきれていませんね……すみません。

ともあれ、そのログ(下記URL)を見ると、富士見町16-12に、
「ランクル富士見店」があったようです。いまは保育園か駐車場があるあたり
でしょうか。住所でポン! 2000年版にも記載があり、まさに「何かの参考に」さんが
仰るとおり、20年くらい前まで営業していた様子です。

ログのオオカワさんの情報で、富士見の店はどこかに移転というかたちで
いったん閉じられたというのが分かります。

しかし、そうなるといま「閉店」の記事に載せている「安佐南区山本」はどこから
出てきた情報なんだろう……?? 勘違いかもしれません……

ひとまず、ありがとうございます! 富士見町のランクルも、記事に追加いたします。

https://6234.teacup.com/haru/bbs/77

 

Re: 更に

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 2日(水)17時44分22秒
返信・引用
  > No.179[元記事へ]

> 数か月前に店舗の変遷を調べ
> 更に集まった情報をまとめツイッターでツイートしましたので、
> 是非ご覧下さい(URL↓)。そして知らない情報をお持ちの方は是非教えて下さい。
> 特に音楽専門店を運営していたらしい?(TKサウンドのような名前だったそう)
> との情報があって、その詳細を知りたいと思っています。
拝見させてもらいましたが、住所等のデータもあり、分かりやすいですね。
いま私のサイトはSEOもほとんど対策できていなくて、検索効果的にも
twitterは良いのかもしれません。

> 中央書店やフタバ図書とアニメショップの変遷についても、
> 昨日今日とでかなりツイートをしました
> (自分が経験した時代以前は不確かな情報もあります)ので、
> こちらも興味のある方は見てみて下さい。
こうした新刊書店等については私はまったくまとめていないので、
貴重な情報と思います。記録を残しておくのは本当に大事ですね……
 

Re: お久しぶりです。

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 2日(水)17時37分59秒
返信・引用
  > No.177[元記事へ]

お久しぶりです。

> コミコミスタジオ広島(中央書店コミコミスタジオ)の閉店さびしい限りです。
> 閉店前に2度お別れに行ってきました。私は17年間通いましたね。
閉店はいつでも寂しいですね。17年も通われていたのなら、なおさらと思います……。

> 通販の拠点は埼玉に移ったのですが、通販部は広島に残るそうなので、
> 店員さんの独立も含め、実店舗復活も期待したいです。
大阪の天牛堺書店も、閉店のあと店員さんが独立されているので、
可能性はあるかもしれませんね。状況に目を配りたいです。

> フタバ図書の八丁堀店(旧えびす店)もずっと通っていましたから、
> さびしいですね。
フタバ図書は大変そうですが、本当にどうなるのだろう……
 

Re: 閉店古本屋情報

 投稿者:高目  投稿日:2019年10月 2日(水)17時32分49秒
返信・引用
  > No.176[元記事へ]

返信たいへん遅くなり申し訳ございません!

> 広島市の南海堂書店さんは、今のロッテリア本通り店の所でしたね。(元アンデルセンの斜め前)
そうでしたか! ちょうど十字というか交差点になっているところですね。あそこが古本屋だったとは……。

> 広島千田町のエイス書房さんは、2005年12月31日閉店です。
> 12月28日の中国新聞の記事を見て、31日に訪ねて行きました。
> 夕方、半分閉めかけていた時に行ったのに、又開けてくれて、文字通り 最後の客 でしたわ。
こちらも正確な情報、ありがとうございます。もう15年近く前になるのですね。
今度広島に戻った際、中国新聞のその記事も図書館で探してみます。

> 呉の長尾書店さんは2000年ごろの閉店、店主のお爺さんが亡くなられたからとの事でした。
> 呉の河童堂書店さんは、1990年頃には閉店してました。こちらも店主のお爺さんが亡くなられたからです。(チョット癖のある方でしたわ。)
> 場所は、呉医師会病院と休山トンネル入口交差点の間の八百屋さんの向かい辺り、現在は建物自体変わってます。
呉の古本屋さんは、さらに前にもうなくなっていたんですか。本当に初めて知ることばかりで
非常に興味深いです。やはり古本屋さんの閉店は店主の方と跡継ぎの如何に左右されるのですね……。

貴重な情報ありがとうございます。記事にも反映させていきます。本当に、返信が
たいへん遅くなり、申し訳ございません……
 

(無題)

 投稿者:何かの参考に  投稿日:2019年 9月28日(土)22時03分9秒
返信・引用
  20年ぐらい前?に
広島市中区富士見町の駅前通りでランクルが営業していた記憶があります。
 

レンタル掲示板
/19