teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


年末年始

 投稿者:高目  投稿日:2019年12月21日(土)00時28分19秒
返信・引用
  「第四回 エールエールふるほん広場」
12月26日(木)~12月30日(月) 10時~20時
広島駅南口地下広場イベント会場

「第21回 シャレオ古本まつり」
1月27日(月)~2月2日(日)

があります。また、12月24日(火)10時~11時、
FMはつかいち『ECOしま専科』にあやかしやの店主の方が
出演、おすすめの本の紹介等をされるそうです。
スマホ、PCからも視聴可能とのこと。詳細は古書あやかしやHPに。

フタバ図書は、ジ・アウトレット店が1月13日、黒瀬店が1月14日に閉店
のようです。アウトレットのほうは新しいし大きいし、ちょっと予想外
でした……。黒瀬店も縁があって結構行ったお店なので寂しい……
 
 

Re: そういえば

 投稿者:高目  投稿日:2019年12月21日(土)00時15分24秒
返信・引用
  > No.202[元記事へ]

> こんにちは。
こんにちは。遅くなり申し訳ありません……。

> 2004年末に八木に行ったとき、(八木2-5-5)はありましたがは(八木5-9-29)
> 無くなっており、後で調べたら可部に移転していました。
> その後、2006年に行ったときには(八木2-5-5)も無くなっていました。
>
> 従って、(八木2-5-5)は2005年~2006年に閉店となっています。
> 最後に行った2004年を書いてしまったので訂正します。
ありがとうございます。経緯について、よく理解することができました。
このような移転の流れがあったのですね……。

> (八木5-9-29)は倉庫のような店で、1階部分が古本売場となっていました。
> マンガがメインの店だったと思います。
> 2階部分は事務所?になっているようでした。
マンガメインでしたか。最近はあんまりなのですが、絶版漫画収集には凝って
いたので、そのころ行けたらきっと楽しかったろうなと思います。

> (八木2-5-5)も倉庫と言えば倉庫なのですが1階部分(マンガ・CD)及び
> 2階部分(文庫)が古本売場となっていました。
> 2000年すぎぐらいからだと思うのですが、2階の一角に喫茶コーナーが出来ました。
> ただ、そこに人が居るところを1回しか見たことがありません。
> (喫茶コーナーは、多分時代を先取りしすぎたのだと思います)
こちらはCD、文庫もあって、2階にも行けたんですね。古本屋さん+喫茶コーナーは
2010年代くらい? ごろからの新しいお店でよく見かけますが、このころだとかなりの
先取り……。なかなか難しかったのかもしれませんね……。

> 最近の動向ですが、
> 従来の店名やONEBEST1+という店名で、少なくとも2~3年前からAMAZONや
> YAHOOに通常商品の通販をされているように見えます。
> 概要だけ見ると、結構大きな会社なんですよね。
> 今もリサイクル系の販売をしているのかどうかは、パっと見分からなかったです。
アマゾンのもの見てみましたが、家電や飲料などで古本感はありませんね。
もともと大きな会社のなかの古本部門という感じだったのでしょうか……(なぞ)
 

Re: そういえば

 投稿者:魚手  投稿日:2019年12月 4日(水)23時49分57秒
返信・引用
  こんにちは。

> 八木にあったもう一つの店舗は2004年内に閉店しました。

後でメモを見たら、2004年は間違いをでした。
2004年末に八木に行ったとき、(八木2-5-5)はありましたがは(八木5-9-29)
無くなっており、後で調べたら可部に移転していました。
その後、2006年に行ったときには(八木2-5-5)も無くなっていました。

従って、(八木2-5-5)は2005年~2006年に閉店となっています。
最後に行った2004年を書いてしまったので訂正します。



記憶で店舗概要を書きますが、

(八木5-9-29)は倉庫のような店で、1階部分が古本売場となっていました。
マンガがメインの店だったと思います。
2階部分は事務所?になっているようでした。

(八木2-5-5)も倉庫と言えば倉庫なのですが1階部分(マンガ・CD)及び
2階部分(文庫)が古本売場となっていました。
2000年すぎぐらいからだと思うのですが、2階の一角に喫茶コーナーが出来ました。
ただ、そこに人が居るところを1回しか見たことがありません。
(喫茶コーナーは、多分時代を先取りしすぎたのだと思います)


最近の動向ですが、
従来の店名やONEBEST1+という店名で、少なくとも2~3年前からAMAZONや
YAHOOに通常商品の通販をされているように見えます。
概要だけ見ると、結構大きな会社なんですよね。
今もリサイクル系の販売をしているのかどうかは、パっと見分からなかったです。
 

音盤大学2019

 投稿者:高目  投稿日:2019年12月 3日(火)11時28分41秒
返信・引用
  大阪は粉浜商店街であった、音盤大学2019というイベントに11月30日
行ってきました。中古レコードと古本市みたいな感じでした。

買ったもの
「サージェント・ペパー(以下略)」700円
きれいなLPがあり、一度レコードで聞いてみたかったので。

「路上」(河出文庫 居留守文庫)200円
サブカルチャー史的に読まないといけないと思っているのですが、
いつ読めるのか……。でも読まないと。

「東京ガールズブラボー」(上下 オヨヨ書林)800円
前から気になっていたもの。

「宝島」(1975年3月号 オヨヨ書林)500円
全都市カタログの第一集に惹かれて。

「10セントの意識革命」(晶文社 1003)1200円
片岡義男さんも読みたいなと思っています。

「野田凪」(世界のグラフィックデザイン73)300円?
これだけレシートがどこかに行ってしまっている……。

なんとなく、レコードマニアは古本マニアより、マニア感が
強くて、正直ちょっと苦手だなあと思いました……。
古本市は久しぶりだったので、楽しかったです。
 

近況ほか

 投稿者:高目  投稿日:2019年11月16日(土)22時24分20秒
返信・引用
  ▽大阪の天牛堺書店跡地にできた槇尾古書店(船場)に先日
寄りましたが、とても良かったです。古本の感じ、値段とも
納得行く感じで探していて楽しい……。あとCDコーナーに、
宍戸留美等変わったものがたまに出ていて、これも私は好きです。

大阪の個人系古本屋だと、

「みのたけ書店」(東大阪)
「一色文庫」(上本町)
「槇尾古書店」(船場)
「天牛書店」(江坂)

を特におすすめします。天牛書店は天神橋筋に支店もありますが、
こちらもなかなか。天神橋筋は矢野書店等、いくつか古本屋さんが
固まっているのも良い感じです。サブカル、アート系だと「FOLK」も
良いですし、また「居留守文庫」「colombo」も有名ですが未訪問。
行きたいな……。チェーン系だと、戎橋のブックオフ、まんだらけ
グランドカオス等にたまに寄っています。最近はまんが離れの傾向にあります……。

▽神鳥書店さんのツイッターによると、
2020年1月27日(月)~2月2日(日)にシャレオ古本まつりとのことです。
 

Re: 年表2

 投稿者:高目  投稿日:2019年11月16日(土)21時50分8秒
返信・引用
  > No.196[元記事へ]

> 高目さん、こんにちは。
魚手さん、こんにちは。

> 私も似たような表は作っていますが、戦前・戦後の店まではリスト化(持っている資料等
> から店舗名程度は出来るが)していませんね。
戦前に関しては、たまたま県立図書館で古い商工名鑑を出してもらえたので、なんとなく
リスト化してみました。が、この時代の書店事情に詳しくないことがあり、いまいち新刊の
お店なのか古本なのか、骨董(和本とか掛け軸とか……)なのか、いろいろ曖昧で、
勉強しないとダメだ……と思っています。リストは本当に、なんとなくです……。

> 情報源ですが、広島商工名鑑や(サンブックさんのところ)以外は私はほぼ見ています。
> (サンブックさんのところ)のようなまとめの紹介HPは時期が怪しいので、そのような店が
> 存在していた程度でしか使用しないようにしています。
たしかにまとめのサイトは時期・信憑性ともに微妙ですね。おそらくなにかの電話帳を
写したものとは思うのですが、参考程度にとどめたいと思います。

> 開店・閉店は沢山コメント出来るのですが、沢山ありすぎるので今回はしません。
> 開放倉庫やブックメイトは、HPから開店年月程度は知ることが出来ますよ。
気がついていませんでした! ありがとうございます。沿革のところに載っていますね。
また追記していきます。

> 明らかな店舗名間違いが一つあります。
> コミックアイランドは、ブックアイランドの間違いですね。
> (実際コミックアイランドとどこかに表示してあったのかもしれませんが)
> 当時行けなかった店舗の一つ(開店期間が短すぎた)ですが、開店時期や住所が
> 一致するので〔ブックアイランド広島横川店〕に間違いないです。
まちBBSのスレッド(http://mimizun.com/log/machi/cyugoku/1125810521/)に
コミックとあり、そのまま写していましたが、「ブックアイランド」が正式な名前
だったのですね。これもまた訂正いたします。上記スレッドで一部経緯が窺えますが、
本当に短期間の営業だったようで、うーむと思います。どんなお店だったのだろう……?
 

Re: 竹原

 投稿者:高目  投稿日:2019年11月16日(土)21時37分25秒
返信・引用
  > No.195[元記事へ]

> 閉店しました。
やはりそうでしたか、ショックです……。

> 9月下旬に閉店の書込があり、私が行ったとき(年に一度はってやつです)には
> 開店時間になってもシャッターが上がらず、地元の小学生も引き返しておりました。
ふーむ。しかし小学生の話、面白いですね。言われてみればジャンプコミックス等、
わりと新しい本も回っているなとは思っていました。

> 近くのコンビニに寄ってる間に、店員らしき人が来て本棚を解体されていたので
> 聞いてみると、『9月30日まで営業し10月1日から閉店している』とのこと。
あれだけ店舗のあった花いちの最後の名残のようなお店でしたが、それも
閉店してしまうとは……。マイアミ書店は残っていますが、寂しく感じます。
 

Re: そういえば

 投稿者:高目  投稿日:2019年11月16日(土)21時33分19秒
返信・引用
  > No.194[元記事へ]

> 高目さん、こんにちは。
魚手さん、こんにちは。

> そのため最後の情報が知れてうれしいです。
私は初めて行ったか、二回目くらいのときに閉店を知り、そのあと
もう一度訪れた(それが6月3日です)だけで、思い出は少しなのですが、
14年というとひとしおですね……。

> 八木からの移転が2003年8月頃なので、可部には9年程度店舗があったことになります。
> 八木にあったもう一つの店舗は2004年内に閉店しました。
このあたりが私はあまり分かっておりません……??
八木に、「ベストワン・ブックセンター」(八木2-5-5)と
「ブックス・ベストワン」(八木5-9-29)の二つのお店があり、どちらかが
可部に移転して、ベストワン可部店となったということでしょうか……?

ともあれ、お店のあった時代は羨ましいな、と相変わらず思います。
 

Re: 年表2

 投稿者:魚手  投稿日:2019年11月10日(日)07時45分53秒
返信・引用
  高目さん、こんにちは。

リストを拝見しましたが、すごいですね。
幾つか書きます。

私も似たような表は作っていますが、戦前・戦後の店まではリスト化(持っている資料等
から店舗名程度は出来るが)していませんね。

情報源ですが、広島商工名鑑や(サンブックさんのところ)以外は私はほぼ見ています。
(サンブックさんのところ)のようなまとめの紹介HPは時期が怪しいので、そのような店が
存在していた程度でしか使用しないようにしています。

開店・閉店は沢山コメント出来るのですが、沢山ありすぎるので今回はしません。
開放倉庫やブックメイトは、HPから開店年月程度は知ることが出来ますよ。

明らかな店舗名間違いが一つあります。
コミックアイランドは、ブックアイランドの間違いですね。
(実際コミックアイランドとどこかに表示してあったのかもしれませんが)
当時行けなかった店舗の一つ(開店期間が短すぎた)ですが、開店時期や住所が
一致するので〔ブックアイランド広島横川店〕に間違いないです。
 

Re: 竹原

 投稿者:魚手  投稿日:2019年11月 9日(土)19時48分23秒
返信・引用
  > No.192[元記事へ]

閉店しました。

9月下旬に閉店の書込があり、私が行ったとき(年に一度はってやつです)には
開店時間になってもシャッターが上がらず、地元の小学生も引き返しておりました。

近くのコンビニに寄ってる間に、店員らしき人が来て本棚を解体されていたので
聞いてみると、『9月30日まで営業し10月1日から閉店している』とのこと。


 

レンタル掲示板
/21