teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


植木君

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年12月28日(土)21時50分13秒
返信・引用
  今季の植木君は本職のランでは354ヤード(2TD)でリーグ5位、リーディングラッシャーを立命3年立川君(474ヤード、7TD)に譲り、優秀攻撃選手を関学3年三宅君(356ヤード、4TD)に奪われてしまいました。本人には不本意な結果と思いますがRBの成績もOLや他のバックスのサポートに多くを負うことを考えれば優勝した立命・関学のエースにラッシングヤードで劣るのは決して恥ずべきことではありません。植木君はレシービングでも非凡な数字を残しており京大では近藤君に次ぐ11回(86ヤード)を記録しています(立川君7回、三宅君12回)。以前からパスプロテクションも上手ですが、今季はリードブロッカーとしてシルツ君らの走路を開くシーンもたびたび目にしました。ブロッキングスキルは立川君・三宅君に勝るとも劣らないと思います。相手ディフェンスを引きつける力も抜群で植木君がセットしてハンドオフ(フェイク)を受けると相手守備がひとりふたりとタックルに来てデコイとしての役割も十二分でした。これだけマークされて一回平均5.1ヤードのランは立派というほかありません(立川君4.9ヤード、三宅君4.5ヤード)。今季オフェンスは植木君におんぶにだっことなってしまったことで相手ディフェンスを守りやすくしてしまったことが苦戦の原因にもなりました。ファーストダウンを取りに行くTEやWRへのショートパスなどの手堅いプレーがあれば3rdダウンコンバージョンがリーグ最低(16.4%)に沈むこともなく関大や神大に勝てたはずと思います。神大戦は万全ではなかったとの話もありますがそんな中でも奮闘していた姿が今も目に浮かびます。タモン式では特別講師を務められるとのこと、来季に向けてギャングの後輩の指導にも力を貸していただけることを期待します。  
 

岡崎君

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年12月22日(日)08時44分21秒
返信・引用
  気になっていたことを4yearsの松尾さんが書いてくれました。新チームの4回生に期待です。

https://4years.asahi.com/article/12980663

 

涙の日生球場

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年12月 7日(土)10時26分42秒
返信・引用
  王国で1977年の京関戦とその後のライバル関係を面白く紹介されています。

http://kingboyoyon.g1.xrea.com/20161230.html

 

丸山君が優秀スペシャルチーム選手

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年12月 4日(水)10時28分24秒
返信・引用
  2019年の表彰で優秀スペシャルチーム選手にキッカーの丸山君が選出されました。おめでとうございます。今季の関西学生はキッカー・パンターともに豊作で非常に厳しい争いでしたが見事に一年前六文銭が「ベストキッカーを狙え」と要望した通りの結果を出してくれました。シーズンを通して丸山君を軸にしたキッキングゲームが京大の試合運びのベースを作ったと思います。チームに残るにせよ卒業するにせよ今後のご活躍をお祈りします。

https://www.bbm-japan.com/americanfootball/17322390

 

今年のギャング

 投稿者:妙法  投稿日:2019年11月11日(月)09時35分4秒
返信・引用
  昨日は、ギャング、および卓球女子の対中国敗戦の1日であった。どちらも試合以前の実力の差を感じるものであった。躍進期のギャングには、ショットガン封じと対日大勝利、ギャングボーン、反則ゼロの京大などのキャッチコピーが我々膨大なファンの間に浸透していた。そして今、ディフェンス、キックの京大に加えるに強さを象徴するパスの京大、ノーミスの京大などのインパクトある京大の再生を切に期待したい。アメフットおじさん、このような投稿欄の設置、ありがとうございます。グランドでのカメラ片手のおじさんの姿が目に浮かびます。100歳社会の今お元気で。  

神戸大戦

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年11月10日(日)17時20分7秒
返信・引用
  4回生にとってはなんとも残念な結果となりました。ここ数年の京大はキッキングとディフェンスについては上位校と比べても遜色ないところまで整備できているように思います。一方でオフェンスは力不足・得点力不足を感じるシーズンが続きます。神大戦も今季ここまでの試合と同様ディフェンスは粘り強くエンドゾーンを守れましたがオフェンスを進められずに苦杯をなめることとなりました。今季はリーグ全体として守高攻低の観があっただけにオフェンスコーディネーション次第ではもう少し勝てたのではという思いが残りました。神戸大にできて京大にできなかったことは何か?、関大に及ばなかった点はどこか?等々しっかりと反省、分析すべき点が多々あるように感じました。  

龍谷戦

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年10月26日(土)20時59分11秒
返信・引用
  オフェンス爆発とはいかず、この試合も得点の多くを丸山君のキックに頼ることとなりました。粘り強い守備と確実なキッキングゲームが今季の京大の強みですが、攻撃が目立つ試合も観たいですね。メインスタンド(龍谷側)で観戦しましたが、近くに元監督の水野さんが両洋高校のコーチ・選手と一緒におられました。最初のシリーズ、植木君のランを軸に気持ちよくゴール前まで行きながら攻めきれずFGトライとなったところで、「攻めたらええのに」と水野さんがポツリ。この試合TDは水本君へのロングパスの1本のみでランでエンドゾーンを割ることは出来ませんでした。立命戦に続いての中畑君から水本君へのロングパスTDは相手にとって脅威ですが、やはりランでも何本かとってほしかったです。正確な丸山君のキックを最大限に活用することは手堅い戦術で間違いはありませんが、ここぞという場面ではギャンブルして取り切るオフェンスもぜひ磨いてほしいと思います。次節神戸大は手ごわい相手。厳しい試合になると思いますが長尾組のすべてを結集して必ず勝ってください。応援しています。  
    (アメフトおじさん) ここまで来たら、もう開き直るしかありませんね。
来季に繋がる試合を見せて欲しいです。
 

終盤に向けて

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年10月17日(木)21時07分16秒
返信・引用
  関大が立命を破り1敗を守ったことで京大のトーナメント出場の可能性は少なくなりました。ここからは ①長尾組がやりたいフットボールを完成し、②持てる力のすべてをふるって残り2試合を勝ち切り、③今シーズンを勝ち越して終えることが大事です。ここまでの5試合はチームとしても、また選手・スタッフ・コーチ個々人にとっても納得のいかない点が多いものだったろうと思います。本当の実力を発揮する機会があと2試合残っていることを喜び、最終節まで悔いのない時間を過ごしてほしいと思います。  

同大戦

 投稿者:六文銭  投稿日:2019年10月15日(火)21時49分51秒
返信・引用
  RTVで観戦しました。攻守両面で圧倒してほしかったのですが厳しい試合となりました。前半は積極的に来る同志社攻撃に対し京大守備が保守的に受ける形となり結果として押されてしまいました。後半は相手を見切ってしっかりと守れたと思います。オフェンスは植木君がTDを取ったのは良かったものの、ラインが安定して押しきれず波に乗り切れません。2TD、21点は今シーズン最高ですがギャングの力はこんなものではないはず。次節こそその力を爆発させてほしいと思います。  
    (アメフトおじさん) 妙法さん
六文銭さん

兎に角勝って良かったです。
これから戦う神戸は油断できませんね。
国立は京大に代わって神戸大の時代にならない事を
願うのみです。
 

勝利

 投稿者:妙法  投稿日:2019年10月15日(火)21時09分6秒
返信・引用
  対同大戦、勝利。薄氷の勝利と言いたい。しかし、躍進の時代のギャングより今の1勝の方が価値は大きい。  

レンタル掲示板
/151