teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


立命戦

 投稿者:アメフトおじさん  投稿日:2018年11月 3日(土)22時35分4秒
返信・引用
  塩こぶじいさん
六文銭さん
応援ご苦労様でした。
破れれましたが次の関大前に、
大きな期待の残る試合でした。
お二人のご指摘の点は私も合点のいかないシーンでした。
ベンチには何か思惑があったのでしょうか、、、
選手の皆さんにはご健勝ご苦労様と申し上げたいです。
 
 

立命館戦

 投稿者:塩こぶジジイ  投稿日:2018年11月 3日(土)21時15分22秒
返信・引用
  試合開始から気持ちのいいドライブが続き、応援スタンドも大盛り上がり。
ただ、その後が続きませんでしたね。
前半終了間際の40秒弱のオフェンス時間の使い方はスタンドの期待を大きく裏切られました。
無駄に20秒も費やしてからのタイムアウトは無いでしょう。
何としてでも勝ちにつなげるという気魄が感じられないベンチワーク。
これがこの試合のポイントだったような気がします。
ディフェンスは相手エースRB#42をほぼ抑えるなどしっかり準備できていたと思えるプレーが
多くみられたのに...。
 

立命館戦

 投稿者:六文銭  投稿日:2018年11月 3日(土)19時52分28秒
返信・引用
  点差やスタッツをみるかぎりでは健闘したということになりますが内容的には不満の残る試合でした。最初のシリーズで多彩なランでドライブを続け随分久しぶりにTDを挙げ立命を慌てさせることに成功したにもかかわらずその後は防戦一方になってしまったのはなんとも残念というほかありません。パス成功率が低く投げればダウン喪失となって攻撃のリズムを自ら壊すということがこの試合でも続きました。また時間の使い方、タイムアウトの使い方、プレイ選択と選手交代というオフェンスコーディネーションはこの試合でも課題として残りました。特にリードして迎えて逆転された2Qとキャッチアップが必要な4Qのプレイ選択および時間の使い方は戦況を理解してプレイコールしているのかしら?と疑問に思うほどでした。今季も最終節を残すのみとなりましたが戦力的には十分関大に対抗できるところに来ていると思います。しっかりと攻撃の戦術を整理し最高の準備をして必ず勝利してほしいと思います。
 

篠原大輔氏の記事

 投稿者:TSK  投稿日:2018年10月25日(木)21時23分43秒
返信・引用
  https://4years.asahi.com/article/11897980

こちらも秀逸な記事です。
 
    (アメフトおじさん) TSKさん

先の記事と同一ですね。
(ご連絡に感謝します)
 

石井晃氏のコラム

 投稿者:六文銭  投稿日:2018年10月23日(火)09時01分40秒
返信・引用
  関学OBで元朝日新聞編集委員・石井晃氏による京関戦に対する記事です。冷静で客観的な内容です。http://www.a-ishii-kgfighters.sblo.jp/  
    (アメフトおじさん) ご紹介、ありがとうございます。
じっくり読ませて頂きます。
 

関学戦

 投稿者:せいかつそうこ  投稿日:2018年10月21日(日)23時00分5秒
返信・引用
  関学戦

  関学戦、良い試合でした。
現地で観ていて痺れましたが、勝ちたかった試合でした。

関学初TDとなったplayで #58は凄かった。
結果TD取られましたが、ホントにいいplayでした。そして良いLBですね。

下でも言われてる、ゴール前4yadの攻防ですが、
自分が采配出来るなら、#20を信じて4回走ってもらいます。(笑)
それでTD取れた時のモメンタムを取ります。

偉そうにすいません。
 
    (アメフトおじさん) (アメフトおじさん) ****

せいかつそうこさん

塩こぶじいさん

皆さん

京大魂を目の前で見られて、勝敗に関係なく久しぶりに
込上げるフアンの興奮が伝わってきます。
残る2戦もこの気迫で戦って貰いたいですね。
 

(無題)

 投稿者:応援しているのに  投稿日:2018年10月21日(日)22時05分56秒
返信・引用
  Pray、Prayと何を祈るのでしょうか?  

ラン獲得ヤード

 投稿者:六文銭  投稿日:2018年10月20日(土)22時29分1秒
返信・引用
  スタッツを見ていて関学相手にラン獲得ヤード170ヤードという数字はなかなかのものだなと思い、何年ぶりの数字なのか調べてみました。なんと1998年の233ヤード以降の最大値でした。20世紀末以降立命等新たな私学勢の台頭や京大の部員数の減少等で徐々に相対的な力を落としたことと攻撃におけるパスの比率が上がっていったことがラン獲得ヤードが低迷したことの原因と考えられます。西宮スタジアムで行われた1998年の京関戦は21-7で勝利をおさめており6勝1敗で立命に次ぐリーグ2位となっています。昨今はNFLでもショットガン一辺倒から脱却してIフォーメーションが復活しセットバックからの力強いランプレイが普通に見られるようになっています。ギャングの久方ぶりの地上戦の成果は強い京大復活ののろしと見ました。次節も自信をもってガンガン当たっていってほしいと思います。
 

関学戦

 投稿者:塩こぶジジイ  投稿日:2018年10月20日(土)22時28分40秒
返信・引用
  皆さんの仰る通り、応援のし甲斐があった内容でした。
ただ、ゴール前4ヤードからTDを取り切れない所が何とも・・・。
一番自信のあるプレイコールを期待しましたが、それがQBキープかな?
しかし、コーチ陣を含めチーム全体でしっかり準備されたことが覗えるプレイが
幾つも見られて応援に力が入りました。
次の立命戦も熱い試合を期待します。
 所で、昨日の応援でチアスティックが配られていましたが、『環境面を配慮して止めた』筈です。
関学戦に限っての使用だったのでしょうか? どうなんでしょう。


 

関学戦

 投稿者:六文銭  投稿日:2018年10月19日(金)21時31分37秒
返信・引用
  文句なしに今シーズンベストゲームです。気合が素晴らしく多くの時間で相手を圧倒していたように思います。守備時間が長いため疲労の蓄積もあり最後に点差は開きましたが大きな力の差は感じさせない内容でした。攻撃はバックスにバリエーションをつけたことで勢いが出てきました。植木君のようなパワーランナーのランが再三出たことも今後の試合につながると思います。どんどん入れ替わるバックスがそれぞれラン・ブロック・パスをなんでもやりそうで関学もランで来るとは思いつつも的が絞れないように見えました。もちろんパスが通ればずっと楽になりますがランだけでもやりようによってはドライブできることは確認できたと思います。残り2試合も楽しみですね。
 
    (アメフトおじさん) ****
六文銭さん
TSKさん

勝敗はともかく、仰るように京大魂が籠った試合だったように思います。
結果的には敗れたものの、敏捷さ、運動能力には生来の差があって、
練習だけでは、追い付けないどうしようも無い壁がありますが、その分
精神力、戦略などでその差を縮めることは可能です。
ギャングは、この点では決して他校に劣っているとは思いませんし
更なる勧誘活動で、沢山の人材を確保し、強いギャングを築きあげて
欲しいです。
昨日の試合は、来季に繋げる布石が随所に見られたと思います。
下回生は、上回生の姿を見て良い勉強、体験が出来たのでは無いでしょうか・・・
 

レンタル掲示板
/151