teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/142 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2cvとDSの春かぜミーティング 2012  のお知らせと、超音速機の話

 投稿者:玄人  投稿日:2012年 2月12日(日)12時12分5秒
  通報 返信・引用 編集済
  管理人様、DSオーナーのみな様
ご無沙汰しています。
今年もDSさんと2cvくんの同窓会を開催したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

* 4月22日(日) 10時~16時ごろ

* 会場
富士山麓 朝霧高原 《まかいの牧場》さんの駐車場
(建物の反対側の駐車場です。道路東側)

* 参加費用
大人(中学生以上) 600円 小人(3歳以上) 400円
(牧場の入園券を購入していただきます。
無料開催できなくて残念ですがよろしくお願い致します。)
http://www.makaino.com/index.html
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.336125,138.584782
〒418-0104 静岡県富士宮市内野1327
TEL 0544-54-0342


*今回はツーリングもしたいと思っています。ご希望の方は
《道の駅 朝霧高原》
9時20分集合
9時40分出発
約10kmの下り坂です。
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.413318,138.591289


春の穏やかな気候の中、
DSさんと2cvくんにかこまれてのんびり過ごしましょう。
みなさま大勢のご参加をお待ちしております。よろしくお願い致します。

※ お食事はなるべく、まかいの牧場さんをご利用ください。

※ 追加事項ありましたら随時案内させていただきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
東名高速富士I.C→西富士道路→富士宮バイパス→約30分
中央高速河口湖I.C→R139→約40分
中央高速甲府南I.C→精進湖道路→R139→約50分
http://colibri2cv.blog106.fc2.com/

●コリさまからのお知らせを転載します。

さて今回は超音速機コンコルドより早く登場した同じフランスの超音速機ミラージュⅢとⅣについて投稿します。フランスは航空機のパイオニアとして常に世界のトップを歩んできました。しかし第二次世界大戦ではドイツに一方的に押されるばかりで、占領下では航空技術の研究そのものを禁じられたことから、戦後は米英ソの超大国と差が大きく開いてしまいました。遅れを取り戻すための懸命の努力が行なわれたのです。

戦後の旅客機はレシプロエンジンの時代が暫く続きましたが、より高速を求める軍用機の世界ではジェット機に転換していきました。アメリカではNACA(NASAの前身)と陸軍が超音速機の研究に戦時中から取り組み、1948年に陸軍から空軍が独立すると研究も引き継がれました。研究機ベルX-1は1947年、遂に音速を突破しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/X-1_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://www.youtube.com/watch?v=HoMijlGRb04

話は戻りますが、第二次世界大戦がドイツで終結しようとしている時に、アメリカ軍は航空研究所の破壊された建物の中から大量の技術資料を発見しました。そこには戦後のジェット機の常識となった後退翼やデルタ翼、ジェットエンジンの資料などがありました。当時のドイツの航空技術が別次元の進化を遂げていたことになりますが、これらの資料はアメリカ軍により本国に持ち帰られました。この成果としてB-47爆撃機が完成したのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/B-47_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://www.youtube.com/watch?v=U2Ahh0Yj6zI&feature=related

ドイツの優秀な技術者達はアメリカ行きを望んだそうですが、多くはソ連に連行されました。彼らはミグ戦闘機の開発に従事することとなります。アメリカに渡った幸運な技術者の中に「アポロ計画」の中心人物として知られるヴェルナー・フォン・ブラウン博士もいたのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3
http://www.youtube.com/watch?v=w9twrZDdvYw&feature=related

さてフランスですが、戦時中にBMW003ジェットエンジンを開発したヘルマン・エストリッヒ技師はフランスの招聘を受け入れ、戦後フランスで新設されたSNECMA社のためにアター101を設計。生産はフランス国内で行なわれることとなりました。このあたりの経緯はウィキペディアの解説に書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/SNECMA_%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC

機体設計ですが、ダッソー社が戦後フランスの軍用機開発を担いました。1949年に初飛行したダッソー・ウーラガンです。同機はまだ後退翼は採用されておらず、エンジンも国産製品が実績がないため、ロールスロイス・ニーンを使用しました。うまく再現されたラジコン機もご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%B3_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://www.youtube.com/watch?v=4HkemGfcbws

1951年に初飛行したダッソー・ミステールはアメリカのF86に倣って後退翼を採用し、エンジンも国産のSNECMAアターやイスパノスイザのジェットエンジンを採用しました。(同社はブガッティもろとも1968年にスネクマ社が合併しています。)これの発展型は欧州で初めて音速を突破しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
http://www.youtube.com/watch?v=gxewm8bxcCs

しかしアメリカの後追いでは、他国を追い越すことはできません。一足飛びに他国の製品を飛び越えるためには、革新的な新技術の採用が欠かせません。これで誕生したのが、デルタ翼を採用したダッソー・ミラージュⅢです。今日のラファールに至るまで、フランスの戦闘機はデルタ翼(三角翼)のイメージがありますが、戦後フランスの軍用機の歩むべき方向を明確に打ち出した、歴史に残る名機です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5III_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BC%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E5%BD%A2#.E3.83.87.E3.83.AB.E3.82.BF.E7.BF.BC

このミラージュⅢは1992年まで実に36年間も生産され、総生産機数は1,422機に達しました。最高速がマッハ2を超え、戦闘、偵察、攻撃、爆撃など、あらゆる用途に対応できる万能性が、国家予算の限られた中小国で人気を得たそうです。同機にとって幸運なことに、直後にドゴール政権が発足し、国内産業の保護育成と振興のために、フランス軍の兵器を国産で賄う方針が明確に打ち出されただけでなく、輸出に対しても積極的にフランス政府が取り組んだのです。前政権がアメリカからF-100戦闘爆撃機を輸入していたのと対照的な動きだったと言えるでしょう。(註 同機はフランス空軍において、1978年まで使用されました。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-100_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)
http://www.youtube.com/watch?v=UiMsNf5JvmA
http://www.youtube.com/watch?v=5S3oIPJ1cc4&feature=related

ダッソー社ではこれと同時にSNECMAアターを双発にし、機体を拡大したミラージュⅣ爆撃機の開発も進めていました。当時、ジェット爆撃機を所有、生産していたのは米英ソでしたが、この一角にフランスも参入すると言うものです。ドゴール大統領が就任後の1959年6月17日に初飛行に成功。早速3日後の6月20日に、ル・ブルジェ空港で大統領を含む観客の上空を飛行しました。翌年には世界速度記録を達成し、フランスが米英ソと並ぶ航空技術力を持つことが証明されたのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5IV_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

それではスイス空軍のミラージュⅢSの動画をご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=p1PYiDIIZ1U&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=KXtP7IXPtoE&feature=related

2003年の退役記念飛行の動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=omoGqvf46HM&feature=related

こちらはミラージュⅣです。
http://www.youtube.com/watch?v=_rmayiAVPK8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=vsTkWaUdWa4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=RMPKZohfk-A&feature=related

次回はコンコルドについて取り上げます。ご期待ください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/142 《前のページ | 次のページ》
/142